東京大学横山研究室

東京大学横山研究室

メイン画像
メイン画像
メイン画像
メイン画像
メイン画像
メイン画像
共同利用 学生の方へ メディアの方へ

東京大学大気海洋研究所の横山祐典研究室のウェブサイトです。 主に最近200万年間における気候変動や海洋環境変遷を、地球化学的手法を用いて研究しています。 主な研究テーマは「南極の環境変動」「中・低緯度の環境変動」「太陽活動と地球磁場変動」「固体地球の変化と表層環境変遷」などです。

オーストラリア巡検 実況レポート AUS field trip report

2/26~3/6の日程で、理学部地球惑星環境学科・理学系研究科地球惑星科学専攻の学生を中心としてオーストラリアでの海外巡検が行われました。学生が日々の様子をレポートとして配信していますので、ぜひご覧ください!  実況レポートはこちらから

News

2019.8.5 D2福與さんがJpGU学生優秀賞を受賞しました!

D2の福與直人さんが日本地球惑星科学連合(JpGU)2019年大会で学生優秀発表賞を受賞しました!地球人間圏科学セクションでの受賞となります。詳細については、以下のウェブページからご覧ください。

【JpGU2019学生優秀発表賞ページ】
http://www.jpgu.org/ospa/2019meeting/

2019.6.18 地球惑星環境学国際研修Ⅱガイダンスを開催!

地球惑星環境学国際研修Ⅱガイダンスを本郷、柏の2キャンパスで開催します。

オーストラリア国立大学の学生と協力しながら、日本の自然災害について学ぶため、富士山や東北地方でフィールドトリップを行う授業です。

【ガイダンス日時・場所】
柏キャンパス: 6月20日(木) 12:15-12:50 @環境棟7F 講義室
本郷キャンパス:6月24日(月) 12:15-12:50 @理学部1号館101

【去年の研修の様子】
https://youtu.be/gCeZ6_1a-4E

興味のある方はぜひご参加ください!

 

 

2019.5.24 東大3MTで横山教授が審査員を担当されました!

研究コミュニケーションコンテスト3MTが東大で初めて開催されました。3MTコンペティションは研究者がプレゼンテーションやコミュニケーション能力を磨いたり、ほかの研究者と交流する機会を提供してきました。2008年にオーストラリアのクイーンズランド大学で最初の大会が開かれ、今では国際的に知られたイベントとなっています。

The first Three Minute Thesis Competition held at UTokyo.3MT gives participants an opportunity to polish presentation and communication skills on their research and network with other researchers.

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/en/articles/z0508_00042.html (English)

研究室キーワード:

地球化学、気候変動、海洋環境変遷、加速器質量分析計(AMS)、宇宙線生成核種、年代測定、表面照射年代法、ウラン非平衡年代法、化合物レベル放射性炭素年代法、有機地球化学、微量金属、サンゴ骨格、氷床コア、樹木年輪、堆積物コア、統合国際深海掘削計画(IODP)、第四紀、最終氷期、最終氷期極相期(LGM)、完新世、南極氷床、西太平洋暖水塊、南シナ海、タヒチ、グレートバリアリーフ、アタカマ砂漠、水月湖、日本海、アジアモンスーン、エルニーニョ南方振動、海洋大循環、海水準変動、地形、太陽活動、地磁気、銀河宇宙線

Yokoyama Lab,
Atomosphere and Ocean Research Institude,
the University of Tokyo

5-1-5,Kashiwanoha,Kashiwa-shi,Chiba 277-8564 Japan

Phone:+81-4-7136-8131

   
Copyright © 2019 Yusuke Yokoyama Lab. All Rights Reserved.
トップへ戻るボタン