東京大学横山研究室

東京大学横山研究室

Archive

2016.11.9 横山教授の論文がScienceに掲載!

横山教授の論文がScienceに掲載されました。

Yusuke Yokoyama,Tezer M. Esat. (2016). Deep-sea corals feel the flow. Science, 354, 6312, 550-551. doi: 10.1126/science.aak9817 [Journal Site]

>> more info

「論文・発表」のページからFull textなどがダウンロード出来ますので、是非ご覧ください。

2016.10.12 横山教授の共著論文がBiogeosciences, SCIENTIFIC REPORTSに受理!

横山教授の共著論文がBiogeosciencesに受理されました。

Bouton, A., Vennin, E., Boulle, J., Pace, A., Bourillot, R., Thomazo, C., Brayard, A., Désaubliaux, G., Goslar, T., Yokoyama, Y., Dupraz, C., and Visscher, P. T.  (2016) Linking the distribution of microbial deposits from the Great Salt Lake (Utah, USA) to tectonic and climatic processes, Biogeosciences, 13, 5511-5526, doi:10.5194/bg-13-5511-2016.  [Journal Site]

横山教授の共著論文がSCIENTIFIC REPORTSに受理されました。

Aurélie Pace, Raphaël Bourillot, Anthony Bouton, Emmanuelle Vennin, Serge Galaup, Irina Bundeleva, Patricia Patrier, Christophe Dupraz, Christophe Thomazo, Pierre Sansjofre, Yusuke Yokoyama, Michel Franceschi, Yannick Anguy, Léa Pigot, Aurélien Virgone & Pieter T. Visscher. (2016) Microbial and diagenetic steps leading to the mineralisation of Great Salt Lake microbialites, SCIENTIFIC REPORTS. [Journal Site]

2016.9.26 Dr. Mahyar Mohtadiによるセミナーを開催いたします

現在、横山研にVisiting Professorとして滞在されているDr. Mahyar Mohtadi(ブレーメン大学、ドイツ)によるセミナーを開催いたします。

タイトル : “Challenging the paradigm of convection activity in the Indian Ocean during the Last Glacial Maximum and the late Holocene”

日時 : 9月30日(金) 15:00〜

場所 : 大気海洋研究所 219室

みなさま、奮ってご参加ください。

2016.7.19 横山教授の共著論文がEarth Science Reviewsに受理!

横山教授の共著論文がEarth Science Reviewsに受理されました。

Garrett, E., Fujiwara, O., Garrett, P., Hayvaert, V.M.A., Shishikura, M., Yokoyama, Y., Hubert-Ferrari, A., Brückner, H., Nakamura, A., De Batist, M., and the QuakeRecNankai team, 2016. A systematic review of geological evidence for Holocene earthquakes and tsunamis along the Nankai-Suruga Trough, Japan. Earth Science Reviews, 159, p337-357., doi:10.1016/j.earscirev.2016.06.011 [Journal Site]

南海トラフ沿いの津波の記録についてのレビュー論文で、現在横山研がベルギーやヨーロッパ、産総研のチームと進めている QuakeRec Nankaiのプロジェクトの成果の一つです。

調査の様子については、横山研のブログへ!→【
富士五湖掘削】, 【浜名湖調査 前半/後半

>> more info

2016.6.4 横山教授の共著論文がGeological Society of America Bulletinに受理!

横山教授の共著論文がGeological Society of America Bulletinに受理されました。

Steel, E., Simms, A.R., Warrick, J., and Yokoyama, Y. (2016)Highstand shelf fans: The role of buoyancy reversal in the deposition of a new type of shelf sand body, Geological Society of America Bulletin, doi:10.1130/B31438.1 
[Journal Site]

>> more info

2016.5.18 横山教授の共著論文がNature Geoscienceに受理&プレスリリース!

横山教授の共著論文がNature Geoscienceに受理されました。

Cin-Ty A. Lee, Laurence Y. Yeung, N. Ryan McKenzie, Yusuke Yokoyama, Kazumi Ozaki, and Adrian Lenardic (2016) Two-step rise of atmospheric oxygen linked to the growth of continents, Nature Geoscience, doi:10.1038/ngeo2707  [Journal Site]

>> more info

また、この論文に関するプレスリリースが、大気海洋研究所と理学系研究科HPにて掲載されています。

大気海洋研究所プレスリリース (横山教授による解説動画はこちら)
理学系研究科プレスリリース

2016.5.18 古気候に関する国際ワークショップ開催のお知らせ!

2016年6月24、25日にUTokyo AORI international workshop : “Recent Advances in Paleoclimate Studies”が開催されます。

ブラジルの鐘乳石研究で有名なThe Earth Observatory of SingaporeのXianfeng Wang博士や、レーザーアブレーションICPMSやTIMSの権威でもあるRoyal Holloway University of LondonのWolfgang Müller博士などの講演、東大大気海洋研究所の阿部彩子准教授の講演なども予定されています。若手研究者への補助などもありますので(数に限りあり) 奮ってご応募ください。締め切りは今月末までとなっております。皆様の参加をお待ちしております!

>>more info

2016.5.11 メンバー卒業&新メンバー加入

2015年度が終わり、メンバーも大きく入れ替わりました。

・尾崎和海 (特任研究員)→ジョージア工科大学 NASA ポストドクトラル研究員

・坂下渉 (博士課程修了)→武蔵野美術大学 特任研究員

・雨川翔太 (修士課程修了)

・都築賢伍 (修士課程修了)

・福與直人 (地球惑星環境学科卒業)→修士課程進学

また、尾崎達也くん(地球惑星物理学科卒業)が修士課程1年生として研究室メンバーに加わりました。

>> more info

2016.4.25 横山教授の共著論文がJournal of Quaternary Scienceに掲載!

横山教授の共著論文がJournal of Quaternary Scienceに掲載されました。

Rudd, R.C., Tyler, J.J., Tibby, J., Yokoyama, Y., Tavernier, I., Verleyen, E., Fukui, M., and Takano, Y. (2016) A diatom-inferred record of lake variability during the last 900 years in Lütow-Holm Bay, East Antarctica, Journal of Quaternary Research,doi: 10.1002/jqs.2845  [Journal Site]

湖に堆積した珪藻を用いて、過去900年間にわたる東南極Lütow-Holm湾の気候変動を10年スケールの時間解像度で復元しています。

>> more info

2016.2.17 横山教授の論文がProceeding of National Academy of Sciencesに受理!

横山教授の共著論文がProceeding of National Academy of Sciences (PNAS)に受理されました。

Yokoyama, Y., Anderson, J.B., Yamane, M., Simkins, L.M., Miyairi, Y., Yamazaki, T., Koizumi, M., Suga, H., Kusahara, K., Prothro, L., Hasumi, H., Southon, J.R., and Ohkouchi, N. (2016) Widespread collapse of the Ross Ice Shelf during the late Holocene. Proceedings of the National Academy of Science, doi: 10.1073/pnas.1516908113. [Journal Site]

化合物レベル放射性炭素年代測定法と10Beを用いて南極ロス海における棚氷の変動史を復元しています。

この結果は大気海洋研究所東京大学理学系研究科、及び海洋研究開発機構で共同プレスリリースされました。

本論文はオープンアクセスで、どなたでも自由にダウンロードできます。

>> more info

2016.2.9 横山教授のインタビュー記事がNatureのSenior EditorのPodcastに掲載!

横山教授がNatureのSenior Editorからインタビューを受けました。

NatureのSenior EditorであるDr. Michael Whiteは、気候科学に関連する研究者たちに仕事や生い立ちなどをインタビューする企画(Forecast) 2015年の10月から始めています。今回は横山教授がインタビューを受け、その模様がオンラインに掲載されました。ぜひご覧ください。

詳細はこちら

Yokoyama Lab,
Atomosphere and Ocean Research Institude,
the University of Tokyo

5-1-5,Kashiwanoha,Kashiwa-shi,Chiba 277-8564 Japan

Phone:+81-4-7136-8131

   
Copyright © 2019 Yusuke Yokoyama Lab. All Rights Reserved.
トップへ戻るボタン