東京大学横山研究室

東京大学横山研究室

Archive

2021.6.1 別府湾(人新世の環境変化)の研究について取材&新聞掲載!

朝日新聞デジタルと本日(6/1)の朝刊に横山教授らが行っている別府湾コアの研究が掲載されることになりました。

リンクはこちら
[「人新世」地質時代に加わるか 別府温泉前の海底に痕跡(朝日新聞デジタル【会員記事】:全文の閲覧には会員登録が必要)]

2021.5.7 横山教授がロイターがまとめた世界のトップ環境科学者1000人に選出!

横山教授がロイターがまとめた世界のトップ環境科学者1000人のリストに選出されました。

ロイター 特別リポート:世界で最も影響力のある環境科学者1000人
[news site]

実際のリストはこちら
[site]

2021.3.31 横山教授らの共著論文がQuaternary Science Reviewに掲載&ニュースリリース!

横山教授らの共著論文がQuaternary Science Reviewに掲載されました。

Adam D. Sproson, Yoshinori Takano, Yosuke Miyairi, Takahiro Aze, Hiroyuki Matsuzaki, Naohiko Ohkouchi, and Yusuke Yokoyama (2021) Beryllium isotopes in sediments from Lake Maruwan Oike and Lake Skallen, East Antarctica, reveal substantial glacial discharge during the late Holocene, Quaternary Science Review. [Journal Site]

この論文に関する学術ニュースが、大気海洋研究所HPと東大HPにて掲載されています。

大気海洋研究所学術ニュース

大気海洋研究所Facebook

東大Articles

AORI site (English)

AORI Facebook (English)

2021.3.10 3月27日に人新世シンポジウムが開催されます!

3月27日に東京大学大気海洋研究所 共同利用研究集会としてZoom上で「人新世国際標準模式地認定に向けた別府湾での取り組み」が開催されます!

本集会では、研究グループの最新の成果の報告とGSSP認定に向けた取り組みについて各講演者に発表頂き、情報を共有し、今後の方針について議論します。
興味のある方はぜひご参加ください!

概要や参加申込はこちら
[AORI site]

2021.1.19 D1太田さんが日本第四紀学会の学生発表賞を受賞しました!

D1の太田耕輔さんがの本第四紀学会2020年オンライン大会で口頭学生発表賞を受賞しました!詳細については、以下のウェブページからご覧ください。



>>AORI Site
>>日本第四紀学会

2021.1.13 横山教授らの投稿論文がACS Earth and Space Chemistryに掲載&プレスリリース!

横山教授らの共著論文がACS Earth and Space Chemistryに掲載されました。

浦井 暖史、高野 淑識、井町 寛之、石井 俊一、松井 洋平、小河原 美幸、田角 栄二、宮入 陽介、小川 奈々子、吉村 寿紘、稲垣 史生、横山 祐典、河野 憲二郎、村井 大助、Park Ho-Dong、大河内 直彦 (2021) Origin of Deep Methane Associated with a Unique Community of Microorganisms in an Organic- and Iodine-Rich Aquifer, ACS Earth and Space Chemistry. [Journal Site]

この論文に関するプレスリリースが、大気海洋研究所HPとJAMSTEC HPにて掲載されています。

大気海洋研究所プレスリリース

JAMSTECプレスリリース

Yokoyama Lab,
Atomosphere and Ocean Research Institude,
the University of Tokyo

5-1-5,Kashiwanoha,Kashiwa-shi,Chiba 277-8564 Japan

Phone:+81-4-7136-8131

   
Copyright © 2021 Yusuke Yokoyama Lab. All Rights Reserved.
トップへ戻るボタン