東京大学横山研究室

東京大学横山研究室

Archive

2017.12.27 横山研OB窪田さんが高知新聞の取材を受けました!

横山研OBの窪田薫さん(海洋研究開発機構 高知コア研究所)が高知新聞より「喜界島・父島ハマサンゴと海洋酸性化」に関する取材を受け、その記事が新聞・インターネットに掲載されました。

・高知新聞「海酸性化、サンゴ成長阻害」(2017.12.26) [pdf]

・高知新聞HP「海洋酸性化がサンゴ成長阻害 高知コア研究所の研究員ら調査」

(2017.12.27)
>> website

2017.12.19 横山教授の共著論文がPaleoceanographyに掲載&プレスリリース

横山教授の共著論文がPaleoceanographyに掲載されました。

Yuta Kawakubo, Chantal Alibert, Yusuke Yokoyama (2017) A reconstruction of subtropical western North Pacific SST variability back to 1578,based on a Porites coral Sr/Ca record from the northern Ryukyus, Japan, Paleoceanography, doi:10.1002/2017PA003203   [Journal Site]

>> more info

また、この論文に関するプレスリリースが、大気海洋研究所HPにて掲載されています。

大気海洋研究所プレスリリース

2017.11.11 共同利用研究集会 「地球環境と固体地球変動の関わり」開催!

11月下旬に東京大学大気海洋研究所にて共同利用集会が開催されます。

現在、11/20までポスター発表のお申し込みを受け付けております。
また、遠方からのご参加には旅費の補助もございます(11/16締め切り)ので、
奮ってご応募ください。皆様のご参加をお待ちしております!

地球環境と固体地球変動の関わり

日 時:平成29年11月24日(金)12:00~18:00

    平成29年11月25日(土) 9:30~15:00

場 所:東京大学大気海洋研究所2F 講堂

プログラムは大気海洋研究所HPをご覧ください。

プログラム

2017.8.23 横山教授の共著論文がScientific Reportsに受理&プレスリリース!

横山教授の共著論文がScientific Reportsに受理されました。

Kaoru Kubota, Yusuke Yokoyama, Tsuyoshi Ishikawa, Atsushi Suzuki, Masao Ishii (2017) Rapid decline in pH of coral calcification fluid due to incorporation of anthropogenic CO2, Scientific Reports, doi:10.1038/s41598-017-07680-0  [Journal Site]

>> more info

また、この論文に関するプレスリリースが、大気海洋研究所HPにて掲載されています。

大気海洋研究所プレスリリース

2017.5.24 横山教授の共著論文がQuaternary Geochronology, Marine Micropaleontologyに受理!

横山教授の共著論文がQuaternary Geochronology, Marine Micropaleontologyに受理されました。

Ishizawa, T., Goto, K., Yokoyama, Y., Miyairi, Y., Sawada, C., Nishimura, Y., and Sugawara, D. (in press), Sequential radiocarbon measurement of bulk peat for high-precision dating of tsunami deposits. Quaternary Geochronology, doi: 10.1016/j.quageo.2017.05.003 [Journal Site]

Hong, Y., Yasuhara, M., Iwatani, H., Seto, K., Yokoyama, Y., Yoshioka, K., and Mamo, B. (in press), Freshwater reservoir construction by damming a marine inlet in Hong Kong: Paleoecological evidence of local community change. Marine Micropaleontology, doi: 10.1016/j.marmicro.2017.04.003 [Journal Site]

2017.4.30 横山教授の共著論文とD3平林らの論文がThe Holocene, G3に受理!

横山教授の共著論文がThe Holoceneに受理されました。

Minzoni, R.T., Majewski, W., Anderson, J.B., Yokoyama, Y., Fernandez, R., and Jakobsson, M. (in press), Oceanographic influences on the stability of the Cosgrove Ice Shelf, Antarctica, The Holocene, doi:10.1177/0959683617702226[Journal Site]

D3平林らの論文がGeochemistry, Geosphysics, Geosystemsに受理されました。

Hirabayashi, S., Yokoyama, Y., Suzuki, A., Miyairi, Y., and Aze, T (in Press), Multidecadal oceanographic changes in the western Pacific detected through high-resolution bomb-derived radiocarbon measurements on corals, Geochemistry, Geosphysics, Geosystems, doi: 10.1002/2017GC006854[Journal Site]

2017.4.2 横山教授の共著論文とD3Bellらの論文がQuaternary Geochronology, Palaeo3に受理!

横山教授の共著論文がQuaternary Geochronologyに受理されました。

A. Duttona, K. Rubin, N. McLean, J. Bowring, E. Bard, R.L. Edwards, G.M. Henderson, M.R. Reid, D.A. Richards, K.W.W. Sims, J.D. Walker, Y. Yokoyama (2017), Data reporting standards for publication of U-series data for geochronology and timescale assessment in the earth sciences, Quaternary Geochronology, 39, 142-149 doi:10.1016/j.quageo.2017.03.001 [Journal Site]

D3Bellらの論文がPalaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecologyに受理されました。

Tomoko Bell, Kozue Nishida, Kei Ishikawa, Atsushi Suzuki, Takashi Nakamura, Kazuhiko Sakai, Yoshikazu Ohno, Akira Iguchi, Yusuke Yokoyama (in Press), Temperature-controlled culture experiments with primary polyps of coral Acropora digitifera: Calcification rate variations and skeletal Sr/Ca, Mg/Ca, and Na/Ca ratios, Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, doi: 10.1016/j.palaeo.2017.03.016 [Journal Site]

2017.3.12 横山教授の共著論文がG-cubedに掲載!

横山教授の共著論文がGeochemistry, Geophysics, Geosystemsに掲載されました。

Obrochta, S. P., T. Andrén, S. Z. Fazekas, B. C. Lougheed, I. Snowball, Y. Yokoyama, Y. Miyairi, R. Kondo, A. T. Kotilainen, O. Hyttinen, and A Fehr (2017), The undatables: Quantifying uncertainty in a highly expanded Late Glacial-Holocene sediment sequence recovered from the deepest Baltic Sea basin—IODP Site M0063, Geochem. Geophys. Geosyst., 18, doi:10.1002/2016GC006697 [Journal Site]

2017.3.10 UTokyo-ANU 戦略的パートナーシップシンポジウム 開催!

東京大学と戦略的パートナーシップを結んでいるオーストラリア国立大学(ANU)と共同でシンポジウムを開催します。
東京大学とANUの教員/学生が、惑星科学・生物学・海洋物理学・古気候学・考古学といった幅広い分野から発表を行います。
横山研からも多数の発表者がおりますので、みなさまぜひご参加ください。

ANU戦略的パートナーシップシンポジウム

【日時】2017年3月17日(金) 14:30-18:10

【場所】東京大学本郷キャンパス 理学部2号館

ポスター(日本語版) Poster

2017.2.28 NHK『サイエンスZERO』に横山教授(及び研究室)が出演します!

今週末、3/5(日)23:30より放映されるNHK『サイエンスZERO』に横山研究室が取り上げられます!
横山研究室が所有する加速器質量分析装置を用いた実験の様子や放射性炭素年代測定法を用いた様々な研究が紹介される予定です!
皆様ぜひご覧ください!

番組名:『サイエンスZERO』 [Web Site]

タイトル:クジラ生態調査からがん治療まで! “炭素14”新時代!

ゲストスピーカー:横山祐典教授 放映時間:3/5(日) 23:30〜

2017.1.11 D3石輪らの論文とD3平林らの論文がGeoscience Letters, Journal of Quaternary Science に受理!

D3石輪らの論文がGeoscience Lettersに受理されました。

Ishiwa, T., Yokoyama, Y., Miyairi, Y., Ikehara M.,  Obrochta, S. (2016) Sedimentary environmental change induced from late Quaternary sea-level change in the Bonaparte Gulf, northwestern Australia, Geoscience Letters, 3: 33. doi:10.1186/s40562-016-0065-0 [Journal Site]

D3平林らの論文がJournal of Quaternary Scienceに受理されました。

Hirabayashi, S., Yokoyama, Y., Suzuki, A., Miyairi, Y. and Aze, T. (2017), Short-term fluctuations in regional radiocarbon reservoir age recorded in coral skeletons from the Ryukyu Islands in the north-western Pacific. J.Quaternary Sci., 32: 1–6. doi: 10.1002/jqs.2923 [Journal Site]

Yokoyama Lab,
Atomosphere and Ocean Research Institude,
the University of Tokyo

5-1-5,Kashiwanoha,Kashiwa-shi,Chiba 277-8564 Japan

Phone:+81-4-7136-8131

   
Copyright © 2019 Yusuke Yokoyama Lab. All Rights Reserved.
トップへ戻るボタン